ふるさと絆づくり事業

 1. 避難先コミュニティ支援事業

それぞれの地で暮らす町民がゆるく長くつながりを維持できることを目的とする

【具体的事業】

・県内外の避難先での町民コミュニティの運営支援

・伝統芸能の継承、保存支援

・町の記憶の継承(90歳ヒアリング)

・関係地域及び関係団体との連携

・避難先での交流会の開催

・広報誌やタブレットを活用したコミュニティ情報の発信 

など

 

2. 町内コミュニティ支援事業

町民が『ふるさと大熊町』とのつながりを維持できること、

また、『ゼロからのまちづくり楽しい!』と町内外の様々な人から興味関心を持ってもらうことを目的とする

【具体的事業】

・町内イベントの実施(花植えバーベキュー、もちつき、町内ウォーキング、復興状況の視察 等)

・イベント報告等、町内の様子について広く発信

                                                                                            など